大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)

 昨夏の大相撲名古屋場所で暴力団幹部らが一般では入手できない維持員席で観戦していた問題で、観戦していた幹部の大半が指定暴力団山口組弘道会(本部・名古屋市)に所属する組長だったことが27日、愛知県警への取材でわかった。

 県警は、組幹部がテレビに映ることで、刑務所にいる組員を励ますだけでなく、対立するほかの組に弘道会の存在や結束力を誇示する狙いがあったとみている。

 捜査関係者によると、同県体育館の維持員席で観戦していた暴力団幹部らは延べ五十数人。昨年7月12〜26日の名古屋場所中、木瀬(きせ)親方(40)(元前頭・肥後ノ海)や、名古屋市内の遊技業会社員に依頼して確保した6席に入れ代わり立ち代わり座っていた。6席は1席当たり37万円から40万円で取引されていた。席はテレビに映りやすい場所が中心だったという。県警によると、弘道会は、6代目山口組組長を出すなど、実質的に山口組を仕切っている。

関東甲信、雷雨に注意=北・東日本は2週間低温―気象庁(時事通信)
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
<自然保護>動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪(毎日新聞)
<口蹄疫>「忠富士」育ての親 何とか生き延びてほしかった(毎日新聞)
「天下国家は後回し」小沢氏、若手に苦言(産経新聞)
[PR]
by xwrqimqixg | 2010-05-29 01:50