熊本市長に政調費返還請求命じる=市議に交付の478万円−熊本地裁(時事通信)

 熊本市が2005年度に市議に交付した政務調査費について、目的外に使用されたとして、市民グループが幸山政史同市長を相手取り、市議12人に915万円の返還を請求するよう求めた訴訟の判決が26日、熊本地裁であった。高橋亮介裁判長は、計478万円について違法な支出と認め、返還を請求するよう命じた。
 高橋裁判長は、市が事務所費や調査旅費の名目で支給した政務調査費のうち、備品購入など調査研究活動以外に当てられていた費用について「使途基準に合致しない」と判断。このうち、ある現市議が調査旅費で京都市や和歌山市などを訪れ計83万円を支出した分に関しては「私事旅行と差異がない」として全額を返還させるよう求めた。
 また、事務所賃料として使用された場合でも、議員本人が代表などを務める法人から事務所を借り実際には賃料が発生していないとみられるケースについても返還請求するよう命じた。 

【関連ニュース】
「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側
県独自課税、二審は「適法」=条例訴訟、いすゞが敗訴

「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色(時事通信)
建設中モノレール駅から出火=500平方メートル焼く−羽田空港(時事通信)
首相元秘書、起訴事実認める…偽装献金初公判(読売新聞)
足利事件 再審で菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
<東京7歳児死亡>傷害致死罪に訴因変更請求 東京地検(毎日新聞)
[PR]
by xwrqimqixg | 2010-03-31 23:46